あざとシミの治療の違い

美容皮膚科というとシミの治療にも脱毛の施術についてもレーザーを利用しています。脱毛の医療用レーザー治療は効果が高く、治療回数もエステよりだいぶ少なく済みますし、永久脱毛といえるのはレーザー脱毛だけなので、多くの方が通われています。しかしこれ以外にも、シミやかんぱん、さらに小じわなどを気にされる方が積極的に通われています。

今や美容皮膚科の治療の代名詞となっているシミ取りなどアンチエイジング世代にとっては注目の治療ですが、実はレーザー治療に関しては厚生省から高度先進医療の認定を受けて、現在は健康保険適用の治療となっています。もちろん目的が「美容」という事になると保険適用外となってしまいますが、病気、症状に関する治療は健康保険適用となるのです。

シミなどは老化や紫外線を浴びたことで起るもので、病気によって引き起こされるものではありません。でもあざなどは健康保険によって治療できるのです。レーザー治療については何もかもが保険適用「外」と思っている方も多いのですが、あざについての治療は保険適用「内」です。

あざといっても色々な種類があり、扁平母斑や異所性蒙古斑、色素細胞母斑などについては保険が適用されるため、もし、保険適用外の治療だろうと思っていた方がいるのなら、ぜひ、美容皮膚科に相談してみてください。